待ち合わせ型デリヘル

待ち合わせ型デリヘルとは

デリヘルの基本は女の子(デリヘル嬢)を自宅やホテルなどの指定した場所に派遣(デリバリー)してもらうスタイルですが、待ち合わせ型だと駅前などのお店側が指定した場所で一度女の子と待ち合わせをして一緒にホテルに入るというスタイルになります。

多くのデリヘル店で「待ち合わせ」ができるようになっており、オプションとして待ち合わせかデリバリーが選べるようになっていたり、デリバリーは行わず待ち合わせのみというデリヘルもあります。

待ち合わせ型デリヘル

待ち合わせ型デリヘルが増えている理由には、お店側にもメリットがあり、さらにはお客さん側にも喜んでもらえることがあります。
お店側としては、女の子を指定した場所に送迎しなくていいので手間やコストを省くことができます。基本スタイルのデリヘルであれば、予約が入ったらお客さんの指定したホテルまたは自宅に女の子を送迎しなければなりません。送迎をするので、お客さんから交通費を別途でもらえますが、交通費がかかることで客側として利用を避けるかもしれませんし、送迎を行う運転手が必要になります。

待ち合わせを行うことで、場所はお店側が指定するので女の子の待機所周辺にすれば移動費がかからないので交通費無料で女の子を派遣することができます。また、お店によっては待機所を設けていないデリヘル店もあるので、そのようなお店の場合「女の子にどこどこの駅周辺で待っていて」と伝え、女の子には指定した駅周辺で待機してもらい、予約が入ったら女の子を待ち合わせ場所に向かわせることで対応しているようです。

待ち合わせが人気の理由

待ち合わせ型デリヘルが人気の理由は、なんといってもデート気分や恋人気分を味わえることがあります。基本スタイルのデリヘルだと、女の子が部屋に来てくれますが、いまいちムードが出ないことが多々あります。いきなり女の子が部屋に来て「さあ始めましょう!」と言われても雰囲気が微妙なのです。
その点、待ち合わせをして一緒にホテルに向かう間に会話があったり手を繋いだりと、その間にムードが出来上がるので、自然とそういう雰囲気になってくれるのです。待ち合わせのオプションとして、ノーパン・ノーブラ派遣と言うものあり、テンションが上がることは間違いありません。普通の女の子を部屋に派遣してもらうのもいいですが、一度は待ち合わせ型デリヘルも利用してみてはいかかでしょうか。